« Eric Clapton | トップページ | 今日の料理 »

2016/07/28

ピカチュー

事務所の3階にピカチューが現れた。
事務所のメンバーがいなくなり,日が落ちて時が過ぎた5つ時であった。いつもの場所で,いつものように仕事をしていたのだ。
ぶるるっ,と鈍い音を立ててiPhoneが振動する。
どれ,イーブイあたりならまた進化させてレベルアップを狙うか,みたいにゆたっと構えて画面を見ると,おおっ,であった。
あのピカチューである。
大濠公園あたりに集団で出没しているという噂は耳にしていた。そうすると,はぐれピカチューなのか。
しかし,ためらっていてはいけない。瞬時にiPhoneを取り上げた。ピカチューをタップして戦闘モード。モンスターボールをスーパーボールに切りかえる。大きく息を吸って,培ってきた指先の感覚を研ぎ澄まし,心静かに狙ったのだ。勝負は気持ちの平らかさが決する。おおっ,必殺のスーパーボールは一発でgreatの位置に命中。ピカチューがスーパーボールの中でもがく。しかし,それは悪あがきなのだ。勝負は決した。わたしは,ふっ,と口の半分で笑ってジッポライターをシュパッとやって,たばこに火を付けた。
まもなく,捕らえたピカチューは静かに降参して,おとなしく図鑑に登録された。
チェックするとcp36の弱っちいピカチューであった。
立て続けにピリリダマ,ボニータ,メノクラゲ,アズマオウと未入手のポケモンが登場した。もちろん,次々に捕獲したのだ。
そうであった。事務所の3階は,夜間,ポケモンのパーティ会場となっていたのだ。
まだまだ,世界には不可思議が満ちている。
本日の勝利の唄は,ベートーベンの7番である。

|

« Eric Clapton | トップページ | 今日の料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Eric Clapton | トップページ | 今日の料理 »