« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年9月

2015/09/13

賞味期限とC-3PO

C3po_2 木曜日だったかな。
久しぶりにチキンラーメンを食ったら,なんか違う。まあ,いいか,みたいに3口食ったら気分が悪くなった。袋を見たら,賞味期限を1年以上過ぎていた。
うーん。そんなものが残っていたとは。
それ以来,なんか普通じゃないのだ。
昨日の業界筋の宴会でじゃんけん勝ち抜きで賞品をもらったりしたので,いいチャンスだと思って、プラモを買った。C-3POの1/12モデルだ。ピンセットにニッパーとヤスリセットと接着剤も入手して,万全の体制で作り上げた。
手先には自信があったけど,かなり苦労したのは老化のせいか。

| | コメント (0)

2015/09/07

悪霊の漂う月曜日

赤坂方面には魑魅魍魎がいて,悪い予感が全て的中した。 ウスバキトンボが群をなして飛んでいて,お濠のあたりは水辺の風情が麗しかったりしたのであったが,空気はちょっと不穏な香りを漂わせていたのだ。 前を歩く人を追い抜こうとしてピッチをあげると,前の人も同じようにピッチを上げて,間隔が縮まらない。 焦り気分で午前忠の仕事を終えて,若きYや見習Kといっしょに担々麺を食った。でもそれは辛いだけでほとんど感動がなかった。思えば,このあたりから悪霊がまとわりついてきたのだ。 そんなわけで,携帯がひっきりなしに鳴っていたが,全部無視して夕食代わりの枝豆をつまみながら焼酎を飲み,グーニーズを観た。

| | コメント (0)

2015/09/06

活力に乏しい日曜日

目覚めると,世の中が紫色だったので,昼間の予定をキャンセルして,また寝た。
思い返せば,昨日の夕方,事務所を出ると,やたらと浴衣姿の若い人々が群れていた。そうか,花火大会。約束の時間に遅れそうだったのでタクシーを拾おうとしたが,人が多くてタクシーも忙しいのか,つかまらない。呆然とタクシーを待っているところの後ろには露店が出ていた。かき氷とサイダーを売っていた。でも,客引きのおっさんは,いい子がいるよ,と叫んでいたのだ。なんのこっちゃ。その声につられて間抜け面で振り向いている若者がいることも情けない。
そんなわけで体調を崩したが,昼まで寝ると回復。少しばかり仕事をしたり,映画を観たりしながらふぬけ状態で過ごした日曜日だった。

| | コメント (0)

2015/09/03

人の波

すげえ。この人の波はなに? みたいな気分でいたら,歩く方向が同じ。 気が進まないままに,夕暮れ時の講師をやるために会場に向かったときだ。 入口が狭いし,割り込まないで下さい的な空気があったので,静かに流れにまかせていたら,スタッフから発見されて,あっ,来ていたんですか,とか言われた。講師だから通して,通して,なんていう言葉が飛び交って,会場に入ると,すでに満席,立ち見の人がぎゅうぎゅう。それでも,入口にはまだ人が溢れていた。 いやあ,ギャラリーが多いと,我ながら,しゃべりの勢いが違うね。声色も知らず知らずのうちに弾んでいる。しかも,女子が多い。何人かにめぼしをつけて,その人達に目線を送りながら,快調にしゃべった。 あっぱれ気分の1日であった。

| | コメント (0)

2015/09/01

夜の空港

羽田空港ラウンジなう。
芋焼酎が美味い。
唐揚げをつまみながらビールを飲んで,やたらとネバネバする冷たい蕎麦を食った。オクラとかが入っていたか。記憶が飛んだ今となっては,もはやどうでもいいことだ。
出発ゲート近くの店を出ると,幼稚園児くらいの女の子が身体と同じくらい大きいミッキーマウスのぬいぐるみを抱きかかえて,よたよたと歩いていた。前が見えないから必ずこける,とわたしは思った。案の定,女の子はこけた。やや間をおいて,ビヤーッと泣き出す。すると,向かいの店からパパとママが飛び出してきた。パパとママはお土産を物色していたのだ。夢中になっていたので,女の子が退屈しているのに気がつかなかったのだろう。パパとママは女の子に,ごめんね,と言った。二人の手には,物色中の商品がしっかりと握られていた。その向こうでは,代金を払わないまま商品を持って店を飛び出したパパとママに驚いて,呆然としたたたずまいで,おろおろしている店員がいる。
夜の空港にはいつもドラマが待っているのだ。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »