« 京都の地酒 | トップページ | 試練の日々 »

2015/02/20

夜の徘徊

くっ,京都の地酒3本目は生酒だった。
天神からの帰りのバスを間違えて,山を下りて自宅に歩く,という苦行を経た体に優しい味わいだ。
バス停でゲームをして,車中でゲームをして,すごくゲームばかりだったから,気がついたら見知らぬ山の中だった。
バスを降り,iPhoneのナビを頼りに自宅に向かう旅であった。位置情報がありがたい。
そういえば,イノシシがでるという噂があるあたりだ。タクシーを呼ぼうにも,現在地を説明できない。気落ちしたハートに,まばらな家の灯が優しい。雲間の星は澄んでいて,夜風が頬に冷たい。
やがて,勝手を知った広い公園にたどり着く。駐車場の暗闇で男の子がギターの練習をしていた。歌声はなかなかのものだ。
明るい時間帯に人で賑わう公園は,どう猛な目をした犬が群れで徘徊していたのだ。

|

« 京都の地酒 | トップページ | 試練の日々 »

コメント

ホーリー。ウケる-。

投稿: いずみん | 2015/02/24 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の地酒 | トップページ | 試練の日々 »